MENU

総合チーム

総合チームの紹介

呼吸器リハビリテーション、がんリハビリテーションとは?

病気や外傷によって呼吸器に何らかの障害を生じた呼吸器疾患の方、また、がんそのものの治療や療養に伴う副作用や合併症を伴うがん患者様を対象として、その機能の改善や維持を目的に取り組まれるリハビリテーションの事です。

どのようなことをするのですか?

総合チームでは、呼吸、がん患者様を主な対象としてリハビリテーションの介入を行っています。ICUを含めた周術期の症例や人工呼吸器管理を含む呼吸器疾患症例の身体的評価や早期介入を行います。具体的には術後早期より適切な医学的管理と病棟連携のもとで座位、車椅子への移乗、ベッドサイドからの立位および歩行訓練などを積極的に進めていきます。さらに在宅での継続的な筋力維持のための運動や、呼吸管理に関する指導を行い安全かつスムーズな在宅復帰を援助致します。
またがん治療(手術、化学療法、放射線療法など)に伴う副作用や合併症からくる体力低下や筋力低下を防ぐこと、または維持して頂くことを目的に継続的なリハビリテーションサービスの提供を行っています。

どのような効果がありますか?

入院から退院まで一貫したリハビリテーションに取り組むことにより、治療に伴う廃用を予防し、ADLおよび退院後のQOLも向上することが検証されています。